水原よしあき 公式サイト

OFFICIAL SITE

活動情報

申立て

昨日7日(木)
守口市長より新型コロナウィルスに係る緊急対策遂行中における貴市議会特定会派・議員における不適切活動についての申立てが市議会に対して申し立てがありました。

主な内容としては、市職員が新型コロナウィルス対応の為忙殺される中、4月6日から16日の間、大阪維新の会守口市議会議員団4名らによる

・市職員への幾度にもおよぶ時間拘束、執拗な質問及び詰問

・西田薫府議会議員及び市議らによる糺弾会

・権限を逸脱した自宅待機命令

・市議団に対する執拗な謝罪要求

・Twitterでの虚偽の事実発信

・執拗な感染者特定

等市議会議員として放置しがたい事象と判断し、地方自治法第100条第1項前段に基づく調査並びに調整事実を踏まえての適切な処分が講じられることを求めるものです。

尚、この間にあっても守口市全職員は緊急事態宣言発令中の現下の情勢を深く認識し新型コロナウィルス感染防止並びに事業者の生活支援策の速やかな執行等に全力を尽くすことを念のため申し添えますとあります。

昨夕、市議会各派代表者は、議長から急遽招集され守口市議会代表者会議を開催、上記報告を受け、来週11日に議会運営委員会懇談会を開催し100条委員会の是非について各会派の意見を集約する事になりました。

私は、各派代表者会議、議会運営委員会等様々な場面において、党利党略ではなく、党派をこえて全議員がコロナ対策に一致団結して取り組まないといけないと発言して参りました。

同時に市職員がコロナ対応に全力を注ぐことが出来る環境整備に協力すること(当たり前の事ですが)を念頭に活動して参りました。

その上で、11日に意見を申し上げたいと思います。また、結果については、ご報告させて頂きます。

https://www.nikkansports.com/general/news/202005070000773.html